アイピルで避妊できる仕組みと婦人科での購入は可能か

アイピルをはじめとする緊急避妊薬の仕組みは至って簡単です。通常、女性の体というものは脳下垂体という器官から分泌される女性ホルモンによって排卵を行ったり、それに伴う子宮内の環境を整えていきます。アイピルをはじめとする緊急避妊薬は錠剤によってこの女性ホルモンを多量に摂取して、体がすでに妊娠に適した状態であると脳下垂体に勘違いをさせていくのです。この仕組みによって、それ以上のホルモン分泌を防ぎ、結果的に卵子の受精や着床を予防することができます。この仕組みはアイピルの服用のタイミングが早ければ早いほど効果を発揮します。一般的に緊急避妊薬は性交があってから72時間以内の服用がベストとされていますが、その服用が早ければ早いほど避妊確率は上昇していきます。それは卵子と精子が受精する前に、さらには着床する前にその方施策を打てるからで、望まぬ妊娠を避けるためには大切なこととなってきます。
アイピルは日本では扱われていない薬なので婦人科を受診しても購入することはできません。婦人科を受診すると通常、アイピルとは別の緊急避妊薬が処方されることになるので、利用の際は注意していきましょう。
アイピルは日本で処方されている緊急避妊薬とは違い、錠剤の服用が1錠で良いというメリットがあります。その利便性もあって、どうしてもアイピルを購入したいという場合もあるでしょう。そういったケースには婦人科を受診するのではなく、個人輸入という形で海外で売り出されているアイピルを購入することになります。ただ、何かしらの副作用、リスクが発生しても自己責任で対応していかなければいけないので、心配な人は無難に婦人科を受診することをおすすめします。