アイピルの副作用には不正出血や鬱の症状があります

子供が欲しくないのに妊娠すると、中絶するか、産むかで女性は大きな決断を強いられることになりますが、どちらも体への負担が非常に大きいので、普段から低用量ピルを飲んでいた方が、安心してパートナーとの夜の生活を楽しむことが出来ます。
しかしピルは飲み忘れることがありますし、ピルを飲んでいなくて、相手に任せていたら、コンドームが破れるなどで避妊に失敗することもありますから、そんなときはアイピルのような緊急避妊薬を飲むようにしてください。
緊急避妊薬を24時間以内に服用すれば、90%以上という高い確率で避妊できるので、避妊に失敗したと思ったら、早めに飲むことが大切です。

アイピルには副作用がありますが、どれも大抵は通常24時間以内には治まります。
人によっては服用後に、月経のような不正出血が起きたり、鬱のような症状になることがありますが、時間が経てば次第に治まっていくので、それほど気にする必要はないでしょう。
また不正出血や鬱のような症状だけでなく、頭痛や吐き気、眠気、倦怠感など、月経時にみられる症状が起きることもあります。
不正出血が延々と続いたり、鬱のような症状が治らない場合は、お近くのクリニックを受診し、医師に相談するようにしてください。
アイピルは比較的安全な緊急避妊薬ではありますが、副作用が強く出る人の場合は、別のアフターピルを使った方が良いでしょう。
また緊急避妊薬というのは、大量のホルモン摂取を行い、強制的に避妊するように導く薬なので、身体への負担のことを考えるなら、常用することは避けるようにしてください。
個人輸入代行通販を利用すれば購入できるので、望まない妊娠を防ぐためにも、ひと箱ぐらいは常備しておくことをおすすめします。