医薬品個人輸入代行の危険性

個人輸入代行とは、海外の製品を輸入する際の手続きなどを代行をすることです。

海外製品の医薬品を取り扱っているネット通販の多くは、個人輸入代行会社として販売しています。

日本でも薬事法の改正で、多くの医薬品がネットでの販売が可能となりましたが、医薬品の販売が許可されているのは、厚生労働省の認可を受けている医薬品に限ります。
海外の医薬品は、海外で認可されていて幅広く使われていても、日本では認可が下りていない薬も数多くあります。
そのような医薬品を取り扱っているのが、個人輸入代行会社です。

現在では、医薬品の個人輸入代行を行っているネット通販会社が数多くあります。

しかし、医薬品個人輸入代行の危険性も少なからずあるので注意が必要です。
正規品として販売されていても、薬の成分に違うものが混入していたりする場合もあります。
日本の医薬品は、厳しい検査を通過したものでなければ販売されませんが、個人輸入の場合は、薬の製造過程や、正しい成分かの見極めが難しいのが実情です。
中には、わざとに正規品と見せかけて粗悪品を販売するような悪質なサイトもあります。
薬は体内に入れるものなので、体に害のある成分が入っていたら大変なことになります。
そのためには信頼のできる個人輸入代行会社を選ぶことが何よりも重要と言えるでしょう。