婦人科検診の内容

婦人科検診とは、女性特有の病気にかかっていないかをチェックする検診になります。
婦人科検診の内容としては、代表的なもので乳がんや子宮がんのチェック等があります。
他にもオプションとして、性感染症や骨密度のチェックを用意している病院もあります。

一般的には30歳を過ぎたら、1年に1回の割合で検診を受けるのが理想的だと言われています。

婦人科健診の具体的な流れは、問診から始まります。
事前に記入する問診票を元にして、普段の生活スタイルや病歴等の確認が行なわれます。
この時に日常で気になっている症状等があれば、それも合わせて話しておくのが良いです。

次に内診・子宮頚部の細胞のチェック等が行なわれます。
この時に使用される内診台に抵抗がある人も少なくないです。
しかし、最近はカーテンでの仕切りをしてくれる病院が多いので、心配はないです。

続いて、マンモグラフィ検査やエコー検査が行なわれます。
マンモグラフィ検査は胸をX線で撮影する検査です。
胸を機械で挟んで撮影するので、多少痛みを伴う場合があります。
エコー検査は専用の機械で超音波を当てて異常がないかをチェックする検査です。
この検査を行なう事で、万が一腫瘍があった場合に位置や大きさを正確に把握する事が出来ます。

以上が基本的な検診内容になります。
ただし、病院によって検診の流れが前後する場合があります。