業務用脱毛機と家庭用にどのような差があるか - 業務用脱毛機の性質や選び方について

業務用脱毛機と家庭用にどのような差があるか

subpage01

脱毛を行うときに業務用脱毛機と家庭用脱毛器を利用することができます。

これらには違いがあるため特徴を把握してどちらが利用しやすいのか比較して選ぶと良いでしょう。
違いとしては出力があります。


家庭用のものでも高性能なものであれば高い出力にすることができるので、十分に脱毛の効果があります。ただし、火傷する危険性があるため出力は抑えられており、最大でも脱毛サロンで使用される業務用脱毛機と同じぐらいになります。
脱毛サロンと同じであれば差がないように見えますが、これも出力に制限があります。
医療機関であれば医師免許がなければ使うことができない、より高出力の業務用脱毛機で施術を受けられるので、短期間で脱毛を終えることができます。


脱毛機そのものではなく、施術者の違いによる影響も考慮しなければなりません。

家庭用脱毛器は何の知識も経験もない素人が扱うため、適切な出力に調整することができずに繰り返し照射しても効果が出なかったり、高くし過ぎて肌荒れや火傷になる危険性があります。

脱毛サロンや医療機関であれば知識のある施術者が担当するため、効果的に処理を行えます。


また、自分では見るのが難しく、手も届かないような場所も他者であれば簡単に施術を行えるため、仕上がりも綺麗になります。
コストパフォーマンスとしては単純に考えると家庭用脱毛器が優れています。


しかし、前述のように上手く効果を得られなかったり、手が届かない部位があるために脱毛サロンや医療機関を利用することになって余計な費用が掛かる可能性は考慮しておきましょう。